yes.のコピー.png

​「自然とつながる かさなる感覚」

現代の日本人のような暮らし方を世界中の​人々​がした場合、地球が 2.4 個必要と言われています。

近代化する私たちの暮らしは 1人当たりの生活を維持するのに必要な地球の環境容量を遥かに上回り、生態系の回復が消費に追いついていない状況です。

いつか、誰かが、解決することではなく、私たちが普段の採択を少しだけシフトできる選択肢を作ることで地球の環境負荷を軽減することへ繋がります。

 

皮革業界では食肉用の家畜から出る排出皮を原料とし、主に重金属系薬品を使用したクロム鞣しで加工生産されています。 

皮革市場の9割を占めると言われるクロム鞣しは原料コストも低く、革の機能性を高めてくれる便利な発明でした。 しかし、使用する薬品は人体に有害なうえ、工業排水として環境を汚染する結果となってしまっています。

 

人や社会にとって便利なものは必ず自然へ代償を払わせてしまう。

自然を第一に考えると社会の経済発展は困難を極めてしまう。

「社会」と「自然」の発展は相反する関係にあります。

 

yes. は地球と人の未来を考えた「革」への提案です。

 

yes. では日本の山林で通年行われる頭数調整で捕獲された天然の「日本鹿」を原材料として選んでいます。 鹿を選ぶことで山が抱える環境問題、食害による森林消失や農業獣害を減少させ、生態系バランスを保つことで​​森林再生等の問題改善を目的としています。

 

野山から得た皮は、日本のタンナー工場にて環境に配慮された自然由来の原料で鞣し上げます。

​トレーサビリティを完備することでいつ​・​どこで​・​どのような個体​かプロセスを明瞭に追跡できる素材となり、自然の土へ還すことも可能です。

敏感肌の方や赤ちゃんでもアレルギーなく安心してお使い頂ける素材は社会へ還元された後、売り上げの一部を再び森林リカバリーとして山へ還元する消費循環を創り出します。

 

「地球環境」と「人間社会」どちらも共に発展し、分断されていない繋がりあるオーガニックな関係性を築いていくことは yes. の大切にしている哲学です。

 

日本の四季と共に生きた天然の日本鹿は原始からつづく雄大な自然そのもの。
yes. はデザインを生み出す全てのクリエイティブな方たちへ、自然の趣きを解した天然の鹿革をお届け致します。